スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうして海外に移住したいと考えたか。

今の日本の閉塞感はすごい。国の状態も日に日に悪くなっている。

以下の記事は日本脱出を検討している話だが、日本の困った状況を簡単に書いてくれている。

日本を脱出する企業家たち

実際、能力やお金のある人から先に海外に出て行くんだろう。後に残された人はどうなる?って思う人もいると思うけど、そんなことを考えている余裕があれば出て行く方法を考えるべきだろう。あるいは、出て行かなくても生きていける方法をだ。

自分たちがまずまずの生活を営むには、以下の3種類の方法があるのではないだろうか。

1. 日本でビジネスを成功させる
2. 政治を変える
3. 海外に生活の場を移す

1.は雇用されていることは想定していない。自分で起業してやっていける位の人じゃないと安心できないと思う。というのも、終身雇用は企業の方が耐えられなくなると思うからだ。大手企業は確かに簡単にはつぶれないと思うが、中にいる人にとってはあまり関係がない。
 子会社への転籍→さらに他の子会社や他社と合併→気がついたら全然別の会社→倒産
という流れになる人がたくさん出てくるんじゃないか?
もちろん、起業して失敗する人もたくさんでるだろうが、逆に会社にいて上記のパターンで失職してしまう人もたくさん出てくるだろう。後者の場合、自分の能力とはあまり関係が無くなってしまうから運頼みだ。自分と家族の人生を運に任せるってのどうなんだ?

2.だが、今の借金まみれの国家財政では将来を期待できない。自分たちの年金は期待薄だし、自分の子供はすごい税を負担しなければならなくなるはずだ。国の借金はきっと自分たちの世代では返しきれないだろうから、子供の世代にも受け継がれる。さらに少子化で人数が少ないから一人当たりの負担が大きくなる。そうなることが予想できるのに、そんな国で子供を育てたくない。
それを変えるには選挙しかないんだろうが、親の世代の人数が多いこの国では、多数決ではかなわない。それに次の衆議院選挙は4年後だから、今の勢いでいくとその頃には法改正、国の組織改正、借金増額で国がボロボロになってしまっていると思う。
もう手遅れなんじゃないか?

というわけで、自分は3.を選ぶ。
自分は日本の伝統文化は好きだし、温泉には入りたいし、食事は美味しい。日本で暮らしていけるならそうしたい。だが、それはもう高望みあるいは将来を考えない刹那的な判断になってしまったのじゃないだろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

タイは大丈夫?

シンガポール、マレーシア、ベトナムときて、飛ばしていたタイの情報を調べていたら、こんなニュースを見つけた。

首都で爆発事件相次ぐ=タイ

 【バンコク時事】タイのタクシン元首相支持派「反独裁民主同盟」による抗議集会が続く首都バンコクで27日、爆発事件が相次ぎ、AFP通信によると、兵士5人を含む8人が負傷した。
 地元テレビ局で起きた爆発で兵士3人と警備員1人が負傷したほか、別のテレビ局に手投げ弾が投げ込まれ、兵士2人と市民2人がけがを負った。財務省関連施設でも爆発があった。 


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100328-00000009-jij-int


タイは危なそうだな。海外には移住したいが、命がけのところは避けたい。良さそうだと思っていたのだが・・・
仏教国のようだし、日本人には住みやすそうな気がするんだけどなぁ。

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

シンガポールが身近になる?

次はタイと思っていたのだが、以前紹介した Rails で行こう! で面白い記事が投稿されていたので、それについて。

日本に「シンガポール」を作ろう という記事だが、面白い。自分は海外に移住したいと思っているが、いきなり海外移住するのはやっぱり大変だと思う。そこで、新東京市で働いて、次のステップとして海外に移住するのもいいと思う。実際にできないかなぁ。まぁ、今すぐこの計画が決定しても、出来上がるまで待てないと思うので、その前に海外移住してしまうと思うけどね。

ひょっとして日本は島国だから、海外に気軽に行ってみる、ということが難しいのではないだろうか?陸続きの国が無いので、外国に行くときは飛行機や船に乗る必要がある。国際線だから、少なくとも2週間前とかまでに予約して、それに会わせて自分のスケジュールを調整していくことが必要になる。自分の車でちょっと国境を越えてみました、ということはできないのだ。このような心理的ハードルが、日本人にとって海外を(逆に日本を)特別視する原因の1つになっているのではないだろうか?

新東京市ができれば、この心理的ハードルを越えることが易しくなると思う。まずは東京→新東京市で低いハードル越えて、このハードルに慣れてから新東京市→海外のハードルに挑戦すればいいのだ。日本政府も海外に出て行く日本人を支援してもいいと思うんだけどね。海外との日本人同士のネットワークが発達すれば、それも国力になると思うのだが。そういう観点からも、このアイディアはいいとおもう。

ところで、いくら何でも東京湾を埋め立てた位ではシンガポールサイズにはならないだろう、と思ったのだが、実際にみてみるとシンガポールってのは小さいね。


大きな地図で見る


大きな地図で見る

こんな小さな国が、すごく存在感がある。シンガポールに移住するのもいいなぁ。

テーマ : シンガポール
ジャンル : 海外情報

日本人(自分)を雇ってくれる会社があれば、日本企業でなくてもいい。

シンガポール、マレーシアと来て、次はタイだと思っていたが、先にベトナムの方のブログが見つかった。

Rails で行こう!

残念ながら、自分が期待している「ベトナムでの仕事の状況」という観点での記事は見つからなかった(全部読んだわけではないので、あったら申し訳ない)が、今の日本の状況についての記事はとても納得のいくものだった。

特に、『必要なのは「日本企業」ではなく「日本人を雇ってくれる企業」』という記事には、まさに期待していたことが書かれていた。

日本円に変換した金額ではまだ給料は多くはもらえないが、生活費は安いので、東京で安月給をもらうより生活は楽なはずだ。成長を続ける地域というのはいろんな機会が見つかるし、意欲的な人たちにもたくさん会える。これは、お金には換算できない大きな利点だろう。



手取り20万そこそこで、家賃6,7万円の小さな部屋に住み、通勤に片道1時間以上+サービス残業。自分だけじゃなくって、多くの日本人が同じ状況だろう。いつまでもそんな状況に我慢し続けられるわけがない。海外では給料は低いかもしれないが生活費も低いので、もっと人間らしい生活ができるのではないだろうか。

海外では日本のような閉塞感、停滞感はあまりなさそうだ。自分だって、成長している社会がどういうものかは体験してみたいんだよ。明日は今日よりいい社会だと思うことができるというのは、最大の希望だと自分は思う。その点、日本は今後どんどん悪くなっていく印象があるんだよな・・・。

この記事では、中国が勧められていた。あまり国のイメージが良くないから避けていたのだが、少しは調べてみるかなぁ。

マレーシアってのんびりしてる?

シンガポールの次はということで、隣のマレーシアの情報をブログ中心に探してみた。
マレーシアって、女性(海外赴任の夫の妻?)とリタイア組ばかりなんだろうか? なぜかそういうブログばかりが見つかる。自分の探し方が悪いのかなぁ・・・

自分はまだまだ引退できる年齢でもないし、妻が海外赴任するのについて行く夫というわけでもない(日本はそういう例はそもそも少ないだろうなぁ)。だから、実際に働いている人のブログがいいんだよね。会社経営の人のブログはいくつか見つかるんだけど、自分は海外で会社を興すつもりはないので、会社で働いている人の声を聞きたいんだよね。

とりあえず、「マレーシアポータル運営日記」というブログをみつけた。で、マレーシアポータルに行ってみたんだけど、ポータルって言うわりにはまだ情報があまり入ってない。スタートしたばかりなんだろうか?
掲示板があったので、登録してみた。色々聞いてみようかな。

テーマ : マレーシア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Author:海外希望
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。